また~り芸スポ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  町娘が立ち飲み屋でワイン? 歴史学者が語る大河ドラマ『真田丸』の違和感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町娘が立ち飲み屋でワイン? 歴史学者が語る大河ドラマ『真田丸』の違和感

「真田信繁(堺雅人)の幼なじみ、きり(長澤まさみ)の言葉遣いがネット上で批判されていましたが、 あれは現代の言葉でわかりやすく伝えたいという演出でしょう。ただ、信繁ときりの関係が、幼なじみの 現代的なラブコメディを毎回のように連想させることに、時代劇ファンは違和感を覚えています」 そう話すのは、大河ドラマウオッチャーで、 『真田幸村と真田丸の真実 徳川家康が恐れた名将』(光文社新書)の著者でもある歴史学者の渡邊大門さん。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460867405


1:ダークホース ★@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:30:05.42 _USER*.net:ID:CAP
「真田信繁(堺雅人)の幼なじみ、きり(長澤まさみ)の言葉遣いがネット上で批判されていましたが、
あれは現代の言葉でわかりやすく伝えたいという演出でしょう。ただ、信繁ときりの関係が、幼なじみの
現代的なラブコメディを毎回のように連想させることに、時代劇ファンは違和感を覚えています」


そう話すのは、大河ドラマウオッチャーで、
『真田幸村と真田丸の真実 徳川家康が恐れた名将』(光文社新書)の著者でもある歴史学者の渡邊大門さん。

脚本/三谷幸喜、主演/堺雅人。当代のヒットメーカーが組んで始まった、話題のNHK大河ドラマ『真田丸』。
初回(1月10日放送)視聴率19.9%の好スタートを切り、翌週の第2話では20.1%をたたき出すなど、
大河ドラマとして久しぶりの大ヒットとなる予感もあった。ところが、第5話(19.0%)以降、その勢いは徐々に失速。
第11話ではついに15.6%まで数字が落ちた。

そして、ドラマ序盤の最大の見せ場である第一次上田合戦を描いた第13話でも、
スタート時の勢いを取り戻すことはできずにいる(17.5%)。
渡邊さんは、戦国時代を描くドラマとしての“緊張感のなさ”を指摘する。

「史実かどうか以前の問題として、“さすがにそれはありえないでしょう”と、ツッコミを入れたくなるような演出が
確かに多い印象です。それによって、生きるか死ぬかの戦国時代の緊張感が、視聴者に伝わってこない。
重厚感、ドキドキ感がない。それが原因ではないでしょうか」


そこで渡邊さんが、思わずツッコミを入れてしまったという、ドラマ序盤のありえないシーンを挙げてもらった!

■敵の大軍がたった2人を捕まえられない!?(第1話)
「ドラマの冒頭で、信繁と三十郎(迫田孝也)が徳川勢のいる陣に偵察に行って見つかるのですが、
それでも何とか逃げ切りました。敵の大軍がたった2人を捕まえられないなんて、普通では考えられないこと。
これからどんな物語になるのか、いきなり初回から不安になりましたね」
(渡邊さん・以下同)

■町娘が、なんと立ち飲み屋でワイン!?(第4話)
「安土城下の飲み屋で女性が2人、チーズか何かをつまみにワインを飲んでいました(笑)。
あれはふざけすぎですね。史実を語る以前に、完全にコメディです」


■きりが信繁のことを「源次郎さん、案外打たれ弱いところあるし」……!?(第11話)
「信繁と結婚する梅(黒木華)にきりが言ったセリフですが、“打たれ弱い”はボクシングから派生した言葉。
いくらなんでも戦国時代にはそぐわないので驚きました」


■上杉景勝(遠藤憲一)と信繁がまるで友達!?(第12話)
「大名の当主と一国衆の次男坊が同じ目線で話をして、心を通じ合わせるなんて、
さすがに話を盛りすぎています。しかも信繁は上杉家の人質ですからね」


渡邊さんは、『真田丸』についてこう語る。

「おそらく脚本の三谷さんは、既存の時代劇のイメージを壊して、新しい時代劇像を描こうとしているのだと思います。
とはいえ、コメディの要素を取り入れた現代風のホームドラマ、ドタバタ喜劇を見せられているという人も中にはいます。
戦国時代が舞台の大河ドラマなのに、どんどん朝ドラに近づいていっているような……」
(渡邊さん)

大坂編からの三谷マジックに期待したい!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160417-00010001-jisin-soci

5:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:32:14.54 .net:ID:P7E3KXls0
>>1
ワインもチーズも、信長が分け与えんだよ。


15:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:37:11.84 .net:ID:Rjwjl00Z0
>>1
>安土城下の飲み屋で女性が2人、チーズか何かをつまみにワインを飲んでいました(笑)。

いや、当時、ワインもチーズも南蛮貿易で普通に輸入され、市井で売られてましたけど。

316:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:23:09.80 .net:ID:wj2Af0as0
>>15
大嘘つくな。
江戸中期以後に薬用や珍品としてならまだしも、こんな時代に町娘が街角でワイン・チーズやるわけねえだろ。

451:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:09:49.83 .net:ID:SJzEQAXF0
>>316
江戸時代中期って鎖国してるやん

455:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:10:40.63 .net:ID:I6ORlA6R0
>>451
出島から南蛮渡来の珍品か入るのでは

497:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:22:44.25 .net:ID:SJzEQAXF0
>>455
出島からしか入ってこない江戸中期より、市井に宣教師から黒人奴隷まで歩き回ってた安土桃山時代のほうが渡来品入手しやすくね?


510:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:31:36.76 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>455
大名でも珍重して有り難がる物が、市井の娘がどうして
手に入れられるんだかね?

514:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:33:28.90 .net:ID:I6ORlA6R0
>>510
可能性がゼロとは言い切れないというだけで、三谷の描くのがリアルとは思っていないよ

558:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:52:46.89 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>514
リアルでなくても良いけど、それなら奇想天外な手段で手に入れる
ところなんかを見せてくれれば面白いんだけどね





462:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:12:41.54 .net:ID:v7WqiNiQ0
>>451
ワインは南蛮貿易で輸入され、織田信長とか飲んでたがよく見るけど
鎖国してた江戸時代はワインはどうなったんやろね?
ブドウは江戸時代作られていたのかな?

517:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:34:31.93 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>462
甲州葡萄はあったけど、ワインにはしていなかった。

629:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:36:38.58 .net:ID:RjHt7fLd0
>>517
つかねブドウならなんでもワインになるわけじゃなし
食用ブドウとワイン用ブドウじゃ品種が違いすぎるわけで




464:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:13:03.96 .net:ID:Z9beF5tX0
>>451
鎖国無かった説ってのもある。

幕末にロシア船を追っ払うため、「うちは鎖国してるんで帰って」
方便で鎖国と言っただけとか。


526:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:39:17.92 .net:ID:KF8+BXBj0
>>451
キリスト教を封じてただけで
布教しないオランダやアジアとは貿易してた





16:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:37:17.08 .net:ID:SZa92bgV0
>>1
こんなこと言い出したら
どんなドラマも見てれなくなるじゃんww

歴史学者の渡邊大門さん
みたいな頭の弱い人はドラマや映画は見ちゃダメだな(笑


88:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:12:54.75 .net:ID:jrvmyEUQ0
>>1
今のNHKの歴史ものにまともな時代考証期待すんなよ
だいぶ前に時代考証班潰したの暴露されてんだしさ


108:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:21:36.98 .net:ID:DFI4bWXnO
>>1
>『真田幸村と真田丸の真実 徳川家康が恐れた名将』(光文社新書)の著者

タイトルだけで歴ヲタから嫌われてそうな臭いが…w


131:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:28:41.43 .net:ID:gRHgFYRa0
>>1
まあ大河パロディだからなw
割り切ればそこそこ楽しめる


190:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:48:56.17 .net:ID:q+GtaJC10
>>1
>渡邊大門さん

あああ、私怨やな
前々からずーっと粘着してますわ


231:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:58:37.78 .net:ID:lLwrsofx0
>>1
まあ、女性自身のいうことなんて無視した方が好評だ、ということで


241:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:01:24.98 .net:ID:8a3mFqTc0
>>1
この人のレビューで滝川一益が戦を無くすみたいな事を言っていて現代の平和視点が入っていておかしい、とか言っていたけど天下布武の意味を知らないのかな?

他の武将ならいざ知らず織田信長の重臣である滝川ならそれに共感していても何ら不自然では無いと思うんだけどな。


248:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:03:44.01 .net:ID:deDLdYqp0
>>1
専門家崩れの史実厨がドラマをダメにする
フィクションとノンフィクションごっちゃにするなよ


329:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:26:31.19 .net:ID:2VIlXwei0
>>1
行商が盛んな場所に楽市楽座開いてたんだからワインもチーズもカステラも色々あっただろう
別にそんな演出があっても不思議じゃない
揚げ足取りも程があるぞ


499:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:23:46.13 .net:ID:HwxcKKgX0
>>1
これ読んでむしろ興味わいてきたわw



4:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:32:04.18 .net:ID:fJMPHwR+0
「この茶屋はサービスが悪いな」

79:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:06:09.06 .net:ID:2q9AG4Wa0
>>4
逃げるなら今がチャンス

ここは一つお奉行様のポケットマネーで


127:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:28:23.07 .net:ID:ALgRaqHB0
>>4
「八兵衛?!」



8:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:33:35.95 .net:ID:gOvU7qW70
しょうがない通常の大河では視聴率がとれないんだもの
徳川葵三代は歴史通から見れば評価が高いが
視聴率は惨敗であった。現代人にあった歴史ドラマのあり方が求められるの

13:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:36:21.77 .net:ID:Mm66b/0k0
>>8
だからそういうのは大河じゃないドラマでやればいいこと
大河はそういうのを期待されてはいない

18:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:38:16.72 .net:ID:P7E3KXls0
>>13
だったら、昔の大河を見れば良いよ。
今望まれてるのは、お気楽に見られるエンタメ時代劇。

48:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:54:40.32 .net:ID:KvPql1py0
>>18
望まれてるはずなのに視聴率は取れないw


424:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:57:15.86 .net:ID:v7WqiNiQ0
>>18
これまでドラマや映画で時代劇は嫌というほど製作され
ネットで探せば昔のも多くが見れる環境
昔のを俳優だけ変えて、そのまま同じようにリメークだったら
昔の見ればいいだけの話
ネタは尽きてる現代で、さらに時代劇を製作しないといけない、それが大河
何らかの差別化を試みて、色々試行錯誤に新たな時代劇を模索している努力感じされるけどね

横溝正史のリメークもかなりあるけど
俳優変えて昔のを再現してるだけの、努力の無い作品にしか見えないと自分は思う

466:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:13:34.31 .net:ID:PeStYnSa0
>>424
真田家みたいな合戦がらみでしか語るものがない一武将を何度も取り上げるのもね
戦国時代と言えども、ドンパチだけやってた訳じゃないし




507:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:29:51.15 .net:ID:wkBBbd+f0
>>13
お前が期待してないくせに「期待されてない」なんて他人のせいみたいに言うのイヤらしいな。
「世間が許さない」みたいな狡猾さを感じる。



53:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:56:27.71 .net:ID:6WHhxlY10
>>8
やっぱり秀吉だよ
竹中直人主演でもう一回作り直そう
今度は4Kで

65:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:01:08.26 .net:ID:KAwsJpuI0
>>53
竹中直人は58歳で軍師官兵衛に秀吉役で出た時
若い頃の秀吉役は走り回らないといけないので辛い
秀吉主役のときには40歳なので走れたがと言っていた
今年60歳だし竹中では無理だろ
秀吉って62歳で死んでるんだよ


74:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:04:56.94 .net:ID:On4sxrXk0
>>53
キンタマが鮮明に見えてしまうじゃないか



80:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:06:14.48 .net:ID:nUfuMknU0
>>8
歴史通ちゃん達からは黄門パートめちゃくちゃ叩かれてたぞ


394:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:47:05.18 .net:ID:v7WqiNiQ0
>>8
葵は関ヶ原まではおもしろかったのだが、回を重ねるごとにトーンダウン
見せ場は浅井の妖怪三姉妹ぐらいで
淀がいなくなった大坂の陣以降は、対談ドラマに成りさがていた
最初から最後まで、ちょっと暗い部屋で対談ばかり
さすがに見る耐えられなかったので、見るの打ち止めたわ
前半の関ヶ原も、1980年TBSドラマ関ヶ原のリメークといっていいけどね



9:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:33:50.97 .net:ID:XZVFgPkC0
>大坂編からの三谷マジックに

いやな予感でびっくりぽんやで。

14:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:36:56.80 .net:ID:tdorBnWL0
>>9
昨年だっけ?
名優は沢山出たが、消火不良を起こした、宇宙家族みたいな映画みたいになりそうな悪寒。 



10:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:34:24.57 .net:ID:GoG1iNwl0
渡  邊  大  門

69:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:02:24.67 .net:ID:W6GDr2fv0
>>10
ああやっぱり

という感じ



11:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:34:45.35 .net:ID:GYiBY8kk0
三谷は全てが滑ってる
いい加減取り巻きの連中は教えてやれよ

24:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:39:34.19 .net:ID:DWyX6ans0
>>11
ほんとそれ
三谷は自分ては「俺めっちゃ面白い!こんな脚本書ける俺すげー」感が鼻につく



20:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:38:20.90 .net:ID:YVV9qcoU0
新撰組!で源さんにマトリックスさせちゃう人に何をいまさら

611:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:19:30.82 .net:ID:uvt+RCeD0
>>20
あれは演出家が悪い



22:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:39:14.89 .net:ID:P7E3KXls0
そもそも、なかったことを証明できないのならドラマだしいろいろとやって良いのさ。

28:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:41:23.75 .net:ID:ndcCotQt0
>>22
史実の縛りはつけるべき
でも史実の記述がないことは好きに書けばよい
評価は視聴者が下すだけのこと

自分はつまらんけど、おもしろいという人がいるかもしれないし
確認しようがない不明な当時の風俗を、
自分の持ってるイメージと違うからと攻撃するのはどうかと思う


309:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:20:38.27 .net:ID:ItGhHFrq0
>>22
それだと韓国の歴史ドラマみたいに嘘だらけになって、それを信じる国民が出てくるよ。



23:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:39:20.44 .net:ID:2vst07Ym0
三谷を馬鹿にしてるが
史実に忠実に書いていたりするんだよな

83:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:09:09.61 .net:ID:H+BuY1aD0
>>23
三谷自身がかなりの歴史オタだしな。
いつも大河ではスルーされがちな天正壬午の乱を比較的ちゃんと描いたのは評価できる。



25:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:39:45.51 .net:ID:5ZEUQ7HE0
渡邊 大門(わたなべ だいもん、1967年(昭和42年)10月3日-  )は、日本史学者、
株式会社歴史と文化の研究所代表取締役、大阪観光大学観光学研究所客員研究員。
神奈川県出身、のちに兵庫県、京都府、岡山県、埼玉県で過ごし、現在は、千葉県市川市に在住。
専門は日本中世史。一次史料を重視した研究を行う。
特に、赤松氏、宇喜多氏、浦上氏、山名氏、朝倉氏、波多野氏など西国大名の研究を専門とし、
近畿、中国地方を研究のフィールドとしている。

経歴[編集]
1986年 兵庫県立三木高校普通科卒業。
1990年 関西学院大学文学部史学科日本史学専攻卒業。
2005年 放送大学大学院文化科学研究科修士課程修了。
2008年 佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了、「戦国期赤松氏領国における守護代・国人の研究」で博士(文学)。

31:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:42:58.35 .net:ID:IODtK9KT0
>>25
空白の15年間何やってたんだろう。
まつみたいに失踪か?


73:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:04:14.26 .net:ID:5ZEUQ7HE0
>>25
『真田幸村と真田丸 大坂の陣の虚像と実像』河出ブックス 2015
『【猛】列伝 真田幸村と大坂の陣』KKロングセラーズ・ロング新書 2015
『真田幸村と真田丸の真実 家康が恐れた名将』光文社新書 2015
『真田幸村のすべて 大坂城決戦! 真田丸への道』毎日新聞出版 2015

大河ドラマで商売してるのに酷いw


106:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:21:12.95 .net:ID:UfUzO6Fp0
>>25
歴史学者って誰だよと思ったら…読むと時間を無駄にした感が味わえるすこぶる残念な人ですね
もっと気の利いた人雇って代わりにエッセー書かせた方がいいですよ


562:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:54:38.64 .net:ID:/aV++MT/0
>>25
放送大学ってシルバー層が暇つぶしに勉強するとこだろ
佛教大学もそうだけどこんなとこに大学院あったんだってかんじだな



30:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:42:15.43 .net:ID:/Kdw2bfc0
現代に出来た言い回しを使うなっていったら、
時代劇なんて成り立たないだろw

36:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:45:14.79 .net:ID:74HJn283O
>>30
戦国時代の主だった武将なんてみんな三河弁や尾張弁になってまうわなww

50:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:55:39.55 .net:ID:iXHVOxSm0
>>36
家康が尾張弁な時代劇は見たことある
「家康は三河弁だがや!!!!」と突っ込みたくなった
100歩譲って駿河弁だろ

144:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:32:22.94 .net:ID:74HJn283O
>>50
確かに微妙に違うよなぁ
秀吉と家康じゃ違うしさ



348:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:30:22.18 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>36
上級武士は土民の言葉でなく、室町幕府の礼法に順う言葉を
用いたと言われている。 江戸幕府になっても、吉良などの高家が
権威を持っていたのは、余程砕けた場以外では武家言葉が普通
だった筈。 現代人が思うより武家は面子をづっと重視した。

374:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:39:29.19 .net:ID:I6ORlA6R0
>>348
ロシア貴族がフランス語で会話したり、欧州の学者や宗教家がラテン語を読み書きしたようなものか

436:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:03:05.81 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>374
ラテン語はカトリック教会の公用語ではなくなってしまったけど、
今でもバチカンで話されいるらしい。
学者は古典語がすきだね。 医学は特にギリシャ語が好きなようだ。
日本の病院でも整形外科なんか「オルトペディック」て表示してあるね



486:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:19:25.45 .net:ID:74HJn283O
>>348
なるほどな
だからセンゴクでは秀吉と利家が密会してる場では尾張弁なんだなぁ

547:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:44:39.35 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>486
秀吉と利家なら地下人と変わらない身分の出だからな






33:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:43:56.13 .net:ID:ndcCotQt0
昔の人がほんとに恐悦至極に存じますって挨拶してたのかって話だな
文書だけの言葉だったかもしれないし、発音も現代と同じなわけがない

人を打つ打たないは、原始時代からある行動
打たれ弱いという単語の意味が通じないことはない

153:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:36:36.21 .net:ID:I6ORlA6R0
>>33
来日したポルトガル人宣教師がローマ字の日本語で書いた日記があって、それが当時のリアルな喋り言葉を記録しているとか山本夏彦の本で読んだな。
それ以外の文章は、公式文書は漢文で、日記なんかも漢文崩しの文語体ばかりなので当時の人のしゃべりの再現ではない。
円朝の落語の速記本みたいなもので。


314:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:21:57.96 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>33
ワリアーノの日記とかロドリゲスの日本語文典で当時の言葉を知
ることができる。 ドチリナキリシタンも文語よりも会話的な言葉を
記載している。
実際に使われていたかどうかは、厳密には言えないが、狂言、歌舞伎、
落語などから解る。 流派に依って微妙に違いがあるのは、現代になって
創造したものでない証になろう。 伝統芸能の舞台挨拶は実際に昔の
発話をなぞっていると思う。


336:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:27:35.76 .net:ID:I6ORlA6R0
>>33
まことに幸甚に存じます
とかそういうのは今でも会話で使うことはあるよね
の言いたいことの肝は、封建時代のは上下の区別の厳しい人間関係ではないかね?
ワインがあったかよりも、ワインがあったにせよ立場の弱い当時の女性や町人が飲めたのか?とかさ
今は日本もかなり人間関係がフラットだから、丁寧な言い回しも文章限定に感じるのかもね



34:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:45:02.23 .net:ID:2Oz5ltRz0
日本史を知らないバカばっかしが見てるんだからしょうがない
視聴率を取るための方策なんだろうけど当然歴史ドラマファンは遠ざかるわ

667:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:58:45.31 .net:ID:8f8xGbcA0
>>34
>当然歴史ドラマファンは遠ざかるわ

「野球ファン」と一緒で地上波の視聴率において商品価値のない層だなw



40:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:48:16.07 .net:ID:x9aQiV6M0
三谷に史実を求めるなよ

60:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:00:01.46 .net:ID:+duCNdw5O
>>40
三谷幸喜だから、そろそろ謎の円盤UFOが出て来るよな。

64:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:01:03.96 .net:ID:P7E3KXls0
>>60
実際、江戸時代の書物に目撃証言がある。




59:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 13:59:37.48 .net:ID:o5vpuz2o0
たまたま見た伊賀越えが面白かった。

76:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:05:08.18 .net:ID:iXHVOxSm0
>>59
伊賀越えは面白かった
「殿、ここからはわが庭も同然、安心してください!」
敵に囲まれる
家康「どういうことじゃ!」
「押し通ります!!!!!うわーーーーーーー」
家康「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

「ここまで来れば、あとは少しですぞ殿!この崖を下れば安心です!」
断崖絶壁
家康「ここを下れと????」
「さぁさぁ、殿も早く!」
家康「うわーーーーーーーー」



63:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:00:34.96 .net:ID:P7E3KXls0
○井伊直弼
○吉良こうずのすけ

どちらかをやってくれ。

125:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:27:45.84 .net:ID:7dz8OFuS0
>>63
井伊直虎なら来年やります

137:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:30:50.36 .net:ID:P7E3KXls0
>>125
うーん。
忠臣蔵関係ねえ・・・



148:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:33:33.30 .net:ID:e7UUaNhrO
>>63
上野介なら小栗がいいなぁ…

いや、配役の話じゃないよ(´・ω・`)

182:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:46:29.19 .net:ID:i77ISoOT0
>>148
忠順のことかな?
勝の影に隠れてるというか敗れた側の悲哀を感じさせる人だね

233:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:59:31.52 .net:ID:e7UUaNhrO
>>182
前にNHKの単発ドラマでやってたんですが、それ見ると簡単な情報から描くイメージとはかなり違う面白そうな人物みたいですな。
あと、海軍好きとしても興味深いですし。




149:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:34:30.89 .net:ID:+wCtaONe0
>>63
忠臣蔵以前の吉良さんやって欲しいわ



66:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:01:11.91 .net:ID:4Z45QF4X0
江戸時代の言葉や話し方を忠実に再現した『過去込み女と駆出し男』
「なに言ってるかわからない」とか「言葉の意味がわからない」
一般客にさんざん言われてたが。さらに昔の言葉を忠実に再現すればいいのか。
それはなんのためだ。作ってるのはドキュメントじゃねぇんだよ。

295:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:15:52.49 .net:ID:+5aMggU60
>>66
あれは井上ひさしが江戸文化にのめり込んでいたからできること。
東北出身だからこそ古い江戸の暮らしが理解できた。
今の作家や監督に求めても無理。


614:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:22:29.65 .net:ID:JcvBw9YF0
>>66
あの映画、めちゃめちゃ面白かったわ
何でヒットしないんだろうって思った
時代劇好きなうちのじーちゃんも絶賛



68:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:02:16.33 .net:ID:DQfaiKFO0
歴史ドラマ(時代劇じゃなくてね)ってのは史実そのものじゃなくても良いんだけどさ
でも現代劇でない過去の歴史を舞台にしてるってのは、その歴史経過を演出して
時代の空気や展開を面白く見せるのが主要な目的だと思うんだが
そう言う歴作小説家的視点が全く無いもんね、三谷は
こんなのを起用するって時点でNHKにはもはやまともな大河を作る気がないって事だろ

569:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:57:41.23 .net:ID:w49+lCT60
>>68
昔ながらの重厚な大河は風林火山までかな



71:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:03:05.54 .net:ID:zcZhxYmh0
フジテレビでやれば

75:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:05:07.06 .net:ID:CwN99l3B0
>>71
以前は民放の歴史時代劇とNHKじゃ質もイメージも開きがあったもんだけどな
なんかどこが作っても同じようになっちまった



84:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:10:40.55 .net:ID:NVlj/Voc0
殿様に刃を向けた室賀が返り討ちにされたシーンで
きりが言った「あなたたち・・・それで良いの?」って
誰に向かって言ってんだ?何様だよおまい・・・とムカつきMAX!
本当にキリが邪魔で不快過ぎてさっさと死ねばいいのにとしか思わない。

323:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:25:54.85 .net:ID:iUYy/1/H0
>>84
あれは視聴者に向けた、きりのアドリブって可能性がw



94:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:16:21.74 .net:ID:oOTC/feg0
今の大河がこの程度の数字しか取れないのは裏にイッテQがあるからだ。
近年の大河が糞みたいなものを作ってる間に家族視聴をイッテQに
取られてしまった。今さら大河に家族視聴を取り戻すのは容易ではない。
今大河を観てる奴らって哀れな独居老人と哀れな独身層と哀れな歴史オタクなんじゃないの

118:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:25:28.22 .net:ID:DQfaiKFO0
>>94
馬鹿だね
歴史オタクは大河なんか見てられねえだろ
歴史なんて碌に知らない無教養層が大河見て歴史を知った様な気分になってるだけだわ

123:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:27:30.86 .net:ID:P7E3KXls0
>>118
江戸時代から、事実関係や史実はどうであれ娯楽として歌舞伎とか楽しんでたからな。
いつの時代も、同じなのよ。
いちいち史実がどうとか突っ込むのは野暮ってもんだ。
忠臣蔵なんて、フィクションばりばりだしな。

132:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:28:43.07 .net:ID:iXHVOxSm0
>>123
忠臣蔵なんて時代設定かえてるからな!


150:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:34:42.53 .net:ID:DQfaiKFO0
>>123
厳密な史実はどうでもいい、とは言わんが些細な問題なんだよ
そうじゃなくて「歴史ドラマ」なはずなのに明らかに嘘八百(それこそ庶民が街角でワインとか)やって
視聴者を馬鹿にしてるとしか思えんだろ
で、くだらねえ見たくもない現代風ラブコメ
そんなのを庶民からむりやり巻き上げた受信料で作るんじゃねえ、って話だ

152:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:36:27.96 .net:ID:P7E3KXls0
>>150
戦国時代で南蛮かぶれの信長もいたんだし、
町中にワインが出回っていてもおかしくないと思うんだが・・・
なかったとか証明できないわけでさ。
あまり深くは考えない方が楽しめるよ。

164:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:40:12.40 .net:ID:pVsn4FSn0
>>152
この男尊女卑の土人の時代に
女がそんなことできるわけないっての


166:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:40:30.21 .net:ID:DQfaiKFO0
>>152
ワイン自体はあったよ
たしか信長も南蛮人だか宣教師だかからの献上品を飲んでるはず
でも庶民がワインなんて飲めるわけ無えだろ
アホか
「出回っててもおかしくない」とか、気分で語ってんじゃねえよ


171:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:41:24.55 .net:ID:F6TVCoBw0
>>152
んな証明できないからっていってたらUFOとんできて戦に勝ったでもなんでもできてしまう
でも証明できないだけで百パーセント無かったと言い切れるぞそれは
てか必要なのか、その嘘は
二人が大軍から逃げ切ったのは、緊迫感を出すためとか二人の有能さを示すとかでまだ分かる
でもそれ笑える場面でもなんでもなく、ただの突っ込みどころじゃねぇか

206:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:53:04.86 .net:ID:P7E3KXls0
>>171
UFOの目撃証言はあったぞ。



356:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:33:08.62 .net:ID:S6Cjo2wb0
>>152
もうこんなバカしか大河を見てないんだろうな



167:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:40:34.91 .net:ID:e7UUaNhrO
>>150
街角ワインはどうか分からんが、気をつけないと三谷幸喜はかなりマニアックな文献や最新の情報を元にしてたりするから、今までの「真田丸」関連スレでも安易に非難して恥をかいてる人を何人も見たw





572:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:59:03.53 .net:ID:tzYSm4rE0
>>94
大河観てないけどさ、お前も相当哀れだな



96:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:16:59.19 .net:ID:CjFQvMHB0
史実重視の大河じゃ数字とれんのだよ。ドラマ性のあるエピソードを誇張してるからキャラがたって面白いんだし。
ただの資料映像なんか見たがるのなんていない

102:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:18:50.23 .net:ID:P7E3KXls0
>>96
今は、BSとかで歴史検証物とか結構あるからね。
この間は、秀吉の中国大返しをやってた。
棲み分けできて良いんだよな。
大河は、時代劇風ドラマで良い。



103:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:19:07.09 .net:ID:ww4dJ8mG0
そんなこと言ったら
昔の人の平均身長は男で158cmだったからチビ役者じゃなきゃおかしいだろう
馬も競馬のサラブレッド使うなよn日本の足の短い馬でやれよ

歴史学者は肝心の大きな違いに違和感を感なくて
小さな重箱の隅つついてしたり顔か
本当に歴史学者かw

109:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:21:42.56 .net:ID:P7E3KXls0
>>103
逆だよ。
戦国時代までは、肉食で大柄も結構いた。
小さくなったのは、原則肉食禁止になった江戸時代から。

500:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:24:06.74 .net:ID:UYGbWpYD0
>>109
こういうでまかせはどっから出てくんだ?

568:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:56:38.90 .net:ID:rML/kC630
>>500
花の慶次で熊や猪素手で捕まえてそのまま焼いて食ってたからかな
戦国武将はデカイイメージ




577:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:02:55.49 .net:ID:aQ955IYE0
>>500 
今よりは低いけど、実際に遺骨調査で
戦国(室町後期)時代の平均身長>江戸時代の平均身長
なのは確かめられてる




110:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:22:22.34 .net:ID:GEA70pJr0
>>103
それ、民進党思考だなw

ウソと揚げ足は取りは
違いますから



113:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:24:09.64 .net:ID:0hCJtCWn0
真田昌幸ならともかく、真田信繁を題材にしてる時点で、史実も糞も無いだろ。
大坂の陣以外は基本的に何してたかも殆どわかってねーんだから。
後、大軍が二人を捕まえられないことくらいは良くある。光秀だって直ぐに捕まったわけじゃねーし、農民に紛れたら誰だか分からん。

119:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:25:45.17 .net:ID:P7E3KXls0
>>113
信忠の最期を看とった側近は、
逃げおおせたらしいからな。
じゃあ、信忠も逃げていれば助かっていたんでは?
って歴史学者から突っ込まれてた。



115:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:24:44.38 .net:ID:Z9beF5tX0
歴史考証と五月蝿く言うなら、女優はお歯黒
男の人間関係に衆道をしっかり入れてから
言えよよな〜

126:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:27:53.48 .net:ID:iXHVOxSm0
>>115
清盛では衆道がっつり入れてきた



117:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:25:14.55 .net:ID:4RZ2OysU0
BSとあわせて20%超えてるなら大成功じゃね

122:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:26:42.20 .net:ID:AhTbOyg80
>>117
最近の大河でBSの視聴率まで持ち出すの真田丸くらいだな



124:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:27:39.52 .net:ID:fdzRr2Yv0
>徳川家康が恐れた

徳川家康がくそチビリの臆病野郎と広く認知される原因だよね

133:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:28:57.64 .net:ID:P7E3KXls0
>>124
家康が恐れた男って、数十人いるんじゃなかったっけ?


143:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:32:19.40 .net:ID:LHotbm6p0
>>124
家康が恐れた男の一覧が面白かった
ダサいというより、そりゃ天下取るわと妙に納得した


156:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:37:51.33 .net:ID:I6ORlA6R0
>>124
武将もヤクザも政治家も用心深い奴が生き延びて出世するような



129:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:28:28.58 .net:ID:gXZpXSOT0
歴史学者は脚本書けないんだから仕方ない

154:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:36:54.52 .net:ID:HPIU6v6a0
>>129
そうなんだよなあ
創作家と歴史家、どちらも自分の仕事をすれば相乗効果が生まれるのだ



130:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:28:32.14 .net:ID:DzfeHff20
たった2人を大軍が捕まえられないのはおかしいって
導入部分のハッタリ演出にマジレスすんなよ

136:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:30:25.87 .net:ID:iXHVOxSm0
>>130
独眼竜政宗でも
「突進してくるいのししを射止める女なんて居るわけ無い!」ってクレーム出さないとな!



135:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:29:52.20 .net:ID:4/iQpY5f0
小田原城攻めた上杉謙信が敵前でゆうゆうと酒飲んで矢弾が当たらんかったみたいなのとか
川中島で謙信信玄一騎打ちとかそういうのはあり得ないとか言わずにネタとして楽しんだほうがいい

145:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:32:30.71 .net:ID:P7E3KXls0
>>135
島津の中央突破敗走(?)の時に家康を殺せたのに、
「(家康を)討てば、世の中がまとまらん」とか何とか・・・



146:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:32:51.50 .net:ID:CJEjic570
大河とは言わんが1時間×3回くらいで戸次統常の時代劇を放映して
ヌルい大河に浸りきってる女子供達をビビらせて欲しい

303:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:19:22.09 .net:ID:hhwm25hQ0
>>146
母親が子供を殺すシーンなど流せるかwwww



151:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:34:56.39 .net:ID:P7E3KXls0
いっそのこと
○戦国自衛隊
○夢幻の如く(本宮ひろし)
○影武者徳川家康

をやって欲しい。

284:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:13:56.67 .net:ID:AhTbOyg80
>>151
影武者徳川家康は面白かったな。一年やれるだけの原作もちゃんとあるし



157:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:38:00.84 .net:ID:dfQqCPKX0
言葉遣いとか言い出すならそもそも関東方言の時点で論外だろ

177:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:43:46.05 .net:ID:I6ORlA6R0
>>157
講談の国定忠治や清水の次郎長なんかが江戸弁なのはおかしいというネタがあったな
新作落語か何かで
上州ヤクザや駿河のヤクザだから、訛ってないとおかしいと



165:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:40:17.15 .net:ID:TqJLQubn0
草刈昌幸がカッコいいから後はどうでもいい

304:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:19:24.96 .net:ID:m3o1dpyc0
>>165
草刈昌幸www

457:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:11:00.45 .net:ID:2nlu9lMU0
>>304
真田正雄よりは的確な表現だと思うが




170:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:41:19.06 .net:ID:1kGmmP2h0
平清盛とか散々叩かれ視聴率はチンチンだったのによく言うわw
史実通りにやったら暗くてつまらん映像の連続だぞ

180:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:44:42.94 .net:ID:iXHVOxSm0
>>170
末法思想が生まれた時代の史実重視したら
「画面がきたなすぎる」って苦情きまくったとか
まあ、中井貴一から「さすがにコーンスターチ撒き過ぎ!」って苦情来たりしたのは中井に同情するけど

205:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:52:46.50 .net:ID:HizdOaHx0
>>180
龍馬伝の時はまだしも、編集やカメラワークがTVドラマ仕様なのに映像の質感だけこだわってもしょうがない例だったな清盛は



194:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:49:50.87 .net:ID:y+23Gs9CO
>>170
緒方直人の信長のときはロウソクの明かりを再現して夜のシーンが画面真っ暗けで
少し古いテレビだと人物の見分けがぜんぜんつかなかった



173:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:42:17.23 .net:ID:aoxhpCUC0
まぁそういうことならある程度の地位の嫁なり
女性はみんな歯が黒いことになる。

183:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:46:42.08 .net:ID:I6ORlA6R0
>>173
黒澤映画はちゃんとお歯黒していた
あれもモノクロだから違和感ないけど今のハイビジョンのカラーでやるとちょいグロに見えるかもね



176:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:43:29.05 .net:ID:DzfeHff20
名のある武将クラスは漢文が国際共通語で基礎教養なわけで
話し言葉と漢文は違うはいえそこまで訛ってるのかな

京などで学んでる教養人の僧侶に教育受けてるわけだし

187:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:47:40.66 .net:ID:iXHVOxSm0
>>176
今川義元とかはバリバリ京ことばだと思うけど
あとは結構訛りまくりなんじゃあ



184:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:46:46.25 .net:ID:M5kINGt70
少なくとも史実的におかしいって突っ込みはないだろw
史実的におかしいことをあえてやってる作物なんだから
そういうことをするべきではない、という突っ込みなら分かるが
だがそれは芸術論になってしまうので、歴史学者の出る幕じゃないってのはある

224:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:56:06.82 .net:ID:HPIU6v6a0
>>184
創作にリアリティをどこまで求めるかってのは創作論だよね
それはそれで語られるべきだと思うな、あまりに荒唐無稽な歴史ドラマはそれはそれでおかしいわけで

289:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:14:35.69 .net:ID:M5kINGt70
>>224
創作とリアリティーの問題について語られても良いとは思うけれど
古今東西で散々されてきた芸術上の議論だし、まあ簡単に語りおうせるよーなものでもないけどな
せいぜい、NHKの歴史大河である以上は・・・みたいな説教程度のレベルの話だろこれは




192:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:49:08.82 .net:ID:s4+hOKrM0
そういや、時代劇で剣の鍛錬って決まって防具も着けずにやってるけど
剣道みたいな防具使ってやったりは一切しなかったのかな?

198:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:50:51.24 .net:ID:iXHVOxSm0
>>192
防具が流行ったのは江戸時代になってから
竹刀とかも


203:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:52:17.63 .net:ID:CebV4Eb+0
>>192
剣道の防具みたいなのは江戸後期
この時代はまだ袋竹刀も普及してない



193:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:49:44.14 .net:ID:09vSy+MG0
何か滑っているシーンに対しておもしろくないっていう突っ込みをすると
あれは実は史実だから…
と言い逃れするのをたまに見るけどなんかずれていると思うことがある

単におもしろく描けないだけじゃないのかな
史実部分でも創作部分とか関係なく

236:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:00:02.35 .net:ID:e7UUaNhrO
>>193
面白い面白くないは個人の好みもあるからねぇ。



196:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:50:16.32 .net:ID:U7+zlslF0
家康の内野が面白くて見てる
今まで、演技くどくてあんまり好きな役者じゃなかったのに

199:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:51:07.54 .net:ID:CebV4Eb+0
>>196
家康サイドは好きだな
本多忠勝がアホに描かれすぎな気はするけど



202:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:51:56.43 .net:ID:M5kINGt70
三谷幸喜はワインとチーズを歴史学者に突っ込まれてニヤリとしたはずだw

207:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:53:05.68 .net:ID:pVsn4FSn0
>>202
三谷ヲタっていつもこういうきもちわるい言い方するから不気味

215:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:54:53.89 .net:ID:I6ORlA6R0
>>207
同意
サザエさん学会とかそういうのを上質のユーモアと信じ込むような気持ち悪さがある
体質やセンスに笑いがない人がお勉強でカバーする感じ




204:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:52:39.82 .net:ID:kGmZCOl30
厳密には言えないんだよな、当時を知らないんだから
とはいえやはり見慣れた時代劇の様式美と言うのもあってだな
あんまり軽やかな現国ではううむとなる状況は自分にもある

221:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:55:58.11 .net:ID:BGAVIhTU0
>>204
信繁の妹ならまだしも家臣の娘で
いろんな場所に一緒にいるの違和感あるよね
長澤の出番を確保するのに必死なのかな



208:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:53:12.86 .net:ID:I6ORlA6R0
子供の頃からテレビの時代劇で、主役の侍も女もみんなマスカラやアイラインとか、アメメイクばりばりなのが何か馴染めなかったわ
今となれば、時代劇が歌舞伎のメイクや演出が崩れて流れてきたとわかるけど
口紅なんかも現代的なんだよね

218:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:55:14.62 .net:ID:CebV4Eb+0
>>208
言わんとすることは分かるが、お前お歯黒と眉剃毎週見続けられるか


223:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:56:05.45 .net:ID:pVsn4FSn0
>>208
ちゃんとその時代のメイクなんだよね。
濃い目とか眉毛太いとか。
今から見ると違和感あって笑える



210:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:53:44.54 .net:ID:CebV4Eb+0
平清盛はリアルにしたいのかマンガっぽくしたいのかよくわからない中途半端さが駄目だったね

212:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:54:43.22 .net:ID:iXHVOxSm0
>>210
もうちょっと末法世界観前面に押し出した方がよかったよね
コーンスターチは撒かなくても良いけど



214:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:54:48.03 .net:ID:/PnHYN2t0
三谷幸喜は基本的にサイコ野郎だからな
人の気持ちなんて分からんのだよ。
ヒットしたテレビドラマだって
全部、主人公がある意味でKYだったろ
KY賞賛話しか書けない

226:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:56:35.23 .net:ID:iXHVOxSm0
>>214
王様のレストランの筒井道隆の空気読めなさすぎっぷりは凄かったよな!



217:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:55:02.54 .net:ID:J+IwU7WX0
嫌なら見るな

ほんこコレ

222:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:56:04.74 .net:ID:CebV4Eb+0
>>217
見ないと嫌かどうか判断できないじゃん
予知能力でもあるのか



219:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:55:20.21 .net:ID:hde42pX/0
三谷ヲタは みたいな言い方できりパートすら擁護してるからな
他の大河が同じことやってたらうざいスイーツパートだと叩きまくるだろうに
ほんと三谷ヲタのダブスタはキッモイキッモイ

234:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:59:45.32 .net:ID:F5S8p8YF0
>>219
真田丸スレなんかでは粗探しされるとみんな
そのツッコミにニヤリとしてるみたいなこと言って議論にならないから本気でやばい

242:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:01:29.22 .net:ID:4vOWNHpm0
>>234
だいたいあのぶっ細工な顔でニヤリとされたって、キモくて臭いだけだっての




228:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:56:53.91 .net:ID:HizdOaHx0
そもそも、昔の大河も別に当時の歴史観に厳密に作ってるわけでもなかったからな
東映時代劇とかの荒唐無稽ぶりから比べりゃ考証的に落ち着いていただけで

232:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:58:56.05 .net:ID:CebV4Eb+0
>>228
黄金の日日なんかラストはすげー超展開だったしね
でも傑作だった
だから良い作品かどうかは史実に忠実かどうかとかそんなみみっちい次元で語るものじゃない
真田丸は今のところ限りなくクソに近いけども

235:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:59:50.08 .net:ID:aCF31Kcc0
>>232
どの辺がクソなの

250:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:04:00.98 .net:ID:CebV4Eb+0
>>235
最初は期待していたし実際序盤は楽しめたが上田合戦の回で完全にクソ化した
あれがなきゃそこそこ面白い大河ドラマのままの評価だったが
あれが致命的すぎた

254:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:05:10.77 .net:ID:aCF31Kcc0
>>250
具体的な指摘は出来ないと
わかりました

257:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:06:07.53 .net:ID:CebV4Eb+0
>>254
上田合戦の回が酷かったと言っているのに何で具体的じゃないの?





249:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:03:50.68 .net:ID:BGAVIhTU0
>>232
史実以前の問題だだからな、黒木華のいらいらさせる
行動の上に死ぬとか
上田合戦も見た感じじゃ徳川の被害は多くて
数百人にしか見えない


265:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:08:51.36 .net:ID:lLwrsofx0
>>232
その黄金の日々の頃に2ちゃんがあったら老害がああだこうだ言ってたことだろうw

271:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:10:03.61 .net:ID:CebV4Eb+0
>>265
とりあえず見てから言おうな




238:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:00:15.71 .net:ID:G2CSdqJP0
>>228
枯れた老人が「昔がよかった」としたり顔で言うのは、世の常


338:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:28:10.73 .net:ID:im7xEA4e0
>>228
見映えすりゃいいてかんじだろうな
事実も知っていて
今はそれすら知られなくなって考証厄介そう



229:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 14:57:00.67 .net:ID:CebV4Eb+0
見てて感じるんだが三谷は長澤まさみのこと本当に嫌ってそう

252:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:04:33.02 .net:ID:DzfeHff20
>>229
いや好きすぎるからあのウザさが可愛く見えるのでは



255:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:05:25.20 .net:ID:QiebJHtO0
忠実に台詞作ったら現代語の字幕いるんじゃね


274:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:11:35.10 .net:ID:I6ORlA6R0
>>255
今は漢文や古文を学校でもしっかり教えないのかな?
よくわからんけど
古い洋画の字幕も今の若い人向けに難しい漢字や文語体をなくして作り直さなきゃいけないとか

286:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:14:09.82 .net:ID:qywAZsCu0
>>274
口語と文語は違うし




258:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:06:54.92 .net:ID:Wh5NZQLc0
新しい視聴者層を呼び込むために
こういう軽い感じの大河もありだろって最初は思ってたけど
ちょっとやりすぎてる感があって興醒めな部分はある
従来からの硬派な大河ファンが離れるのはしょうがない

263:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:07:43.98 .net:ID:iXHVOxSm0
>>258
従来からの硬派な大河ファンは既に天地人あたりから離れてるから問題ない


285:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:14:03.33 .net:ID:BGAVIhTU0
>>258
真田以外の武将下げがひどいな
景勝も家康も家臣頼み秀吉も面白キャラぽいし

299:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:17:13.22 .net:ID:TYm90U0XO
>>285
そらまあ、三谷脚本の大河コメディだからしゃあないわw


319:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:24:24.41 .net:ID:B8sd2eqj0
>>285
昨年の維新の英傑下げに比べれば…



301:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:17:53.07 .net:ID:I6ORlA6R0
>>258
今は女子供に受けないと何事も商売にならんよね
土曜日に大塚から池袋、雑司が谷まで行ったけど、ファミレスも町中も女の子ばかりだった
野郎はどこにおんねん?とつい思った
スポーツ、格闘技、AV、風俗、ギャンブルに特化して、芝居やテレビから離れたんかね?
女子供向けとなると、松竹的なホームドラマかメロドロマか、東宝的なツルッとした健全なわかりやすさになるんかな



266:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:09:37.09 .net:ID:CebV4Eb+0
なんであんな風雲たけし城みたいになったんだろ


275:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:11:58.61 .net:ID:DzyBS6Pr0
>>266
ナニコレショボい



268:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:09:48.50 .net:ID:ZpY+laFV0
上田の回はな
梅と演出の酷さばかり目立ってるけどラストのきりが神視点もって行動してるのも相当酷いよな

きりが限度を超えた馬鹿なのか、三谷が素人以下なのか、きりが梅を殺ったのかの三択状態

300:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:17:21.00 .net:ID:CebV4Eb+0
>>268
きりが太平記の阿野廉子みたいな奴だったら見直すw



270:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:10:01.92 .net:ID:Psq9qOxN0
直木賞作家の歴史小説と思ってるから違和感が。
その辺に転がってるマンガを見てると思えば何でも許せる。

287:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:14:14.49 .net:ID:iGXXcsGP0
>>270
直木賞も漫画と変わらんよ。
文学賞貰った本がすごいとは、本好きほど思わないと思うわ。w



276:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:12:21.12 .net:ID:DzfeHff20
景勝と兼続は確実に泰山(翔ちゃん)と貝原だろあれ

281:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:13:13.56 .net:ID:iXHVOxSm0
>>276
兼続は貝原ほど酷くないお!!!!
貝原はもっと鬼だお!!!!!



278:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:12:28.52 .net:ID:kQ3U/A0U0
一切の妥協を排して歴史考証したものをドラマ化したら面白いだろうな
そんなもん電波にのせるわけにはいかんだろうけど

282:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:13:37.46 .net:ID:iXHVOxSm0
>>278
タイムスクープハンター?



279:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:12:28.63 .net:ID:CebV4Eb+0
梅が急にアホになって退場するわ
風雲たけし城だわ
本当にひどい回だった
最後まで合戦シーンがあんな感じだとしたらきっついわ

307:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:20:07.70 .net:ID:JtI+4zKQ0
>>279
上田城の戦いは良かったけどね
戦術がよくわかって
草原で騎馬戦描いても絵がいいだけで何が勝敗を分けてるのかよくわからんし

321:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:24:57.40 .net:ID:CebV4Eb+0
>>307
別にあれがよかったと思っている人を否定する気はないけど
こちらもあれがよかったと押し付けられたくない


326:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:26:03.94 .net:ID:AhTbOyg80
>>307
ストーリーや戦略のやり取りを楽しむか、早大など映像を楽しみたいかで感想が全く違うんだろうね
俺は面白かった派。真田本人も観たこと無いから誰がやってもいいと思ってる




294:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:15:36.41 .net:ID:aCF31Kcc0
黒澤映画で仲代達矢がマフラーしてピストル持ってるのも
当時の面白くない老人から叩かれまくったんだろうな

317:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:23:14.44 .net:ID:I6ORlA6R0
>>294
あれは当時の邦画で一番集客力のあった日活無国籍アクションのパロディだそうだ
日活は日本を舞台に日本人キャストでOK牧場の決闘の映画を作っていたくらいデタラメ
もともと黒澤がジョンフォードの西部劇が好きなのももちろんだが
黒澤好きのルーカスがスターウォーズで日本風のチャンバラをやるようなもの
用心棒の大成功で日活無国籍アクションは存在意義が薄れて下火に
小林信彦の受け売り



315:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:22:18.36 .net:ID:DzfeHff20
上田合戦のショボさは三谷の責任範囲じゃない気もする
梅の唐突な自爆はアレだが

322:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:25:13.81 .net:ID:ZpY+laFV0
>>315
合戦のしょぼさは演出の責任
スカスカなの誤魔化す気もないカメラワーク、やる気のないエキストラの皆さん
大道具がそれなりに頑張ってセット作ったのわかるから余計に酷く感じる



324:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:25:54.92 .net:ID:1bVL6lOZ0
きりは現代からタイムスリップしてきた女なんだろ?
だからこの先の真田家の運命も戦国の世の行く末も全て知ってる。

334:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:27:26.57 .net:ID:WXEvFf3oO
>>324
烈鬼女さまか(´・ω・`)



327:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:26:05.11 .net:ID:dm85bv/y0
きりが長澤まさみでなく、新垣結衣だったら
俺は絶賛してたな

332:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:27:00.37 .net:ID:P7E3KXls0
>>327

そもそも、長澤が良いと言いだしたのはコミカド・・・


333:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:27:22.37 .net:ID:iXHVOxSm0
>>327
「あーーーあーーーーキリが長澤まさみだったらなーーーーーー」



335:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:27:28.83 .net:ID:KF8+BXBj0
女がグラスでワイン飲んでる浮世絵はあるだろ
当時の風俗だよ

345:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:30:04.61 .net:ID:aQ955IYE0
>>335
浮世絵は戦国時代じゃねーw



339:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:28:22.84 .net:ID:Qq8bFFOG0
歴史学者の言う通りやって大失敗した「松山清盛」

364:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:35:15.24 .net:ID:im7xEA4e0
>>339
題材がそもそも・・・



340:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:28:32.56 .net:ID:KF8+BXBj0

これだな
有名なやつだよ

358:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:33:53.63 .net:ID:KF8+BXBj0
>>340
とはいえ、上方は江戸よりも外国モノの流入がずっと早い上に
新しいモノ好きの信長秀吉がいたしで、
ワイン飲む町人くらいいたっておかしくないと思う


362:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:34:40.75 .net:ID:0N81QyJo0
>>340
カニだ!!!!!!!!!!!


368:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:38:02.14 .net:ID:I6ORlA6R0
>>340
よくわからんけど、この髷の結い方は玄人女のそれなんかね?
明治大正までは着物の着付け一つでも素人と玄人の違いが一目瞭然だったそうだが
戦後も歌舞伎の前進座の役者の女房とか座り方からして玄人のそれ者あがりだったそう


679:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 18:03:44.80 .net:ID:ItGhHFrq0
>>340
時代が全然違う。



344:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:30:01.15 .net:ID:ZeXq0JsS0
きりの私が育てるという決心どこ行ったんだよ
長男が昌幸に向かって「と申しますと?」って謙譲語使ったり
時代考証以前の問題

351:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:31:38.29 .net:ID:AhTbOyg80
>>344
今の若い世代には、申しますとすら時代劇用語だから



349:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:30:29.28 .net:ID:PQ2qhd+U0
ここまで渡邊大門のブログの紹介が一切出ないとは…

http://blog.livedoor.jp/rekishireal/archives/47502006.html

上記で真田丸の問題点に、各回ごとに触れている
真田丸のシナリオに疑問を感じている人は一読すべき

641:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:45:11.70 .net:ID:lVzRk2780
>>349
キモイ文章だな。こんなブログなら本人のためにも宣伝しないほうがいいぞ



352:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:32:05.40 .net:ID:o6vxnAae0
三谷が歴史を忠実に描くとでも思ってるのか?

バカバカしくて長文読む気にもならないわ

357:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:33:27.87 .net:ID:hde42pX/0
>>352
三谷が歴史を守って書いてるなんて主張してんのは三谷信者だけだよ



354:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:32:24.01 .net:ID:MLW0nl2b0
クライマックスの大坂の陣では真田バズーカと真田ファントムが大活躍するんだろうな
昌幸が生き返るとかの演出も見逃せないな

360:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:34:09.44 .net:ID:im7xEA4e0
>>354
赤マフラーかよ

370:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:38:51.00 .net:ID:e7UUaNhrO
>>360
赤マフラーした昌幸とーちゃんと村松ねーちゃんが大陸に旅立つんだな?




355:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:32:43.27 .net:ID:bBXzfJvr0
昔は国盗り物語の話の盛り方でも叩かれてたらしいね
司馬史観なんて言葉が出来たのもちょうどこの頃
半分は売れっ子作家へのヤッカミだろうが
もう半分は客を釣るための誇張がこの先どんどんエスカレートしていくのではという
危機感だったのだろう

383:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:41:36.55 .net:ID:HizdOaHx0
>>355
司馬史観云々は司馬遼太郎の作品そのものがだんだん時代批評的になったのもある。
初期は忍者大活躍の伝奇モノで売れた人なのにねw

400:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:49:54.60 .net:ID:bBXzfJvr0
>>383
たしかにそれはあるね
後期の作品にゆくにつれ
若者よこの生き方を指標にせよ とやたら押し付けがましい文脈が目立つようになってる
それでも面白いから大したもんだが

434:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:02:25.98 .net:ID:HizdOaHx0
>>400
昭和の頃、サラリーマン向けの「歴史上の人物を手本に生き方を学ぶ」みたいな風潮ができて
身も蓋もなくて小難しい学問としての歴史解説の本より、
考証的にはわりとテキトーなんだけどもっともらしくて面白い時代小説が手に取られたから
大家になった歴史小説家の方も歴史考察的な作風になって行ったんだよね。

大河の歴史考証がおかしいって真面目くさってつっこむ一部の風潮もそういう
「歴史劇への高尚さ」ってイメージがまだ残ってるからだね。





373:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:39:16.93 .net:ID:T188+9Nv0
既存大河を見ていない俺にとっては、毎週楽しみに視聴しているよ。

412:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:52:57.79 .net:ID:e7UUaNhrO
>>373
それで良いんだよなぁ。
ドラマなりなんなり、自分の為に作られてると考えてる人が多過ぎだわ…



375:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:39:57.14 .net:ID:s1Tku6Zg0
当時のワインは庶民は飲めなかったという指摘があっても
これは闇ワインで取引されていたという設定で済ませられる

381:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:41:20.39 .net:ID:iG19e8/m0
>>375
闇ワインなら益々庶民派手に入らないだろとw
江戸時代後期なら普通に庶民も飲もうと思えば飲めたみたいだけど。



379:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:40:42.52 .net:ID:bBXzfJvr0
与えられた食材では美味しい料理を作れない だから新たな食材を用意して作ります
ここまでは100歩譲ろう
メインディッシュを引き立てるために他の料理はまずくします
(真田一門を引き立てるために他家の武将には阿呆になってもらいます)
こうなってくると単純に力量不足なだけなんだよね

402:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:50:10.80 .net:ID:e7UUaNhrO
>>379
文後半、そんな感じあるかね?

414:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:53:58.42 .net:ID:bBXzfJvr0
>>402
信尹と石川数正の絡みがまさにその象徴的なシーンだったかな
数正の愚劣な描かれ方には見ててあんぐりした人も多いと思うよ

476:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:16:04.24 .net:ID:lVzRk2780
>>414
他作品では暗愚に描かれがちな北条氏政が結構優秀っぽくなってるじゃない。
鳥居元忠は脳筋だったが第一次上田合戦で惨敗したのは事実だしな

492:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:21:44.41 .net:ID:bBXzfJvr0
>>476
氏政はいいね
高嶋政伸の大仰な演技が癖になる
上でいろいろ書いてきたが三谷の脚本には良いところもたくさんある
その期待があるだけに安直な処理をしたなぁと見受けられるシーンに
批判があつまるのはしかたないよ



484:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:17:31.62 .net:ID:1DsR1J7Y0
>>414
石川一数は裏切り者の日和見カスだししょうがないだろ





385:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:43:03.41 .net:ID:M8sAL68T0
おもしろけばいいんよ
ケチばかりつけやがって
グダグダ言うならお前がやれよ がよ

392:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:45:37.33 .net:ID:UvevchTt0
>>385
そもそも端からドラマを楽しもうなんて事は微塵も思ってないんだろ
メモ片手にどこかおかしい所がないかだけ見てるんじゃね



386:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:43:56.71 .net:ID:uheVxn5k0
きりを筆頭に女性の描かれ方が酷すぎる
三谷って女をバカにしてんじゃないか?と思う
先週まで我慢してたけどもう今週から脱落

405:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:50:52.49 .net:ID:QNsgBs300
>>386
この子は私が育てます→速攻で育児放棄
の流れに流石のオレも愕然w


417:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:54:59.35 .net:ID:P5MB/NNF0
>>386
この大河ドラマの裏テーマ→女はやっぱりバカ

自分は女パートは「大河コント」と割り切って見てる。
そう考えれば納得。
女の政治家もろくなのがいないしね。

422:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:56:42.83 .net:ID:QNsgBs300
>>417
ポクはさつきちゃん!



423:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:56:46.91 .net:ID:e7UUaNhrO
>>386
小林聡美と離婚してから女性不信なんじゃないか?w



389:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:44:14.71 .net:ID:TpJi1KNN0
脚色ありなら歴史考証とはいったいなんのためにしているのだろうか?
ここまでは変えていいとか変えてはいけないとか線引きしているの?

403:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:50:11.01 .net:ID:I6ORlA6R0
>>389
最終権限と責任はプロデューサーにあるのではなかろうか

413:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:53:26.21 .net:ID:QNsgBs300
>>403
どこを持って最終とするかは知らんが
編集権限は日本では監督
海外ではPというのが一般的らしいよ

420:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:55:41.77 .net:ID:I6ORlA6R0
>>413
テレビはプロデューサーの方が強いような
なんとなくだが




404:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:50:42.38 .net:ID:0N81QyJo0
>>389
窮地に陥った明智左馬介が馬に乗ったまま湖水渡りはOKだけど、
騎馬武者が三位一体攻撃からのおれを踏み台に!?という流れはNGだな。
明確な基準は無い。
実際には老人とアスペがうるさいので、控えるといった程度。
世の中つまらんやつが多いのよ(´・ω・`)


415:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:54:00.11 .net:ID:0N81QyJo0
>>389
さらに追加。

大鎧姿の稀代の美男子・源義経がかろやかに八艘飛び→OK
身長197センチの前田慶次郎利益が小男の前田玄以をぶん殴る→NG

そもそもこんな程度なのよ?
臭いやつに気を使っているだけなんだから、くだらん話だな。



393:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:46:30.84 .net:ID:pFwv6ednO
ワインとチーズで立ち飲み
打たれ弱い
景勝と信繁の馴れ合い
そういった、突っ込みたくなる諸々は
「今観てるのは銀魂なのだ」と思えば大丈夫

399:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:49:30.29 .net:ID:w7nT5LW80
>>393
それならいっそ
原付で移動してスマホで連絡取る
くらいやればいいんだよ

416:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:54:22.95 .net:ID:I6ORlA6R0
>>399
カラバッジオというバロックの画家の伝記映画で、オートバイや電卓が出てきたことあるよ
デレクジャーマンというドイツの前衛的な監督の作品で非常にかっこいい映画
これか受けて、カラバッジオの再評価にも結びついたほど

428:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:58:22.72 .net:ID:Z9beF5tX0
>>416
デレクジャーマンは14世紀頃のエドワード2世の映画を
現代の服装で撮ってたな…



465:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:13:32.80 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>399
筒井康隆の世界だな。 まあ、幕末太陽伝位から漸々に時代考証が
無視される様に成ってきたと思うが。 良いか悪いかを別に、出来上がった
ものが面白くない場合は最悪だ。




397:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:49:12.96 .net:ID:TQ0DwBKp0
「安土城下で町娘がチーズつまみにワイン」
つうか第4話でそんなシーンあったかな
って探したら本当にあった(笑)こ、これは・・・
しかし時間にして2秒半、よくこんなシーン見つけたなwww


しかし日本のワインの歴史でググると、
1466年と1483年にはもうワインが日本に持ち込まれたみたいな記録はあるようだし
って喜多川歌麿?だとしたらこれ描かれたの1780年前後、
つまり今やってる真田丸から200年後の絵だし
うーん 実際の所どうだったんでしょ

キリンホールディングス_企業情報_キリングループの歴史_キリン歴史ミュージアム_酒と飲料の文化史_ワインと日本人
http://www.kirinholdings.co.jp/company/history/museum/cultural/07.html

529:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:40:37.40 .net:ID:sa7yTiKl0
>>397
( ^ω^)b グッジョブ!!



398:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:49:27.61 .net:ID:UrjwcPuK0
黒木華が死んだ回、あれは三谷的には何を言いたかったのだろう?
俺的には「うろちょろしてるからだよ。バカだなぁ」としか思えんかったんだけど(´・ω・`)

426:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:57:45.97 .net:ID:t/mhSuiE0
>>398
でもスタッフは喜んでるみたいだよ。
長澤まさみと仲悪くてスタッフは気を使って大変だったそうw

452:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:09:59.55 .net:ID:QNsgBs300
>>426
そっかあ〜
なら育児放棄もリアルとのハイパーリンクで納得w












するわけねーだろ



454:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:10:22.35 .net:ID:gdlx3e+s0
>>398
妻から大事なこと学んだとか景勝に言ってた。
それとは別に、最後には徳川目指して突っ込むんだから、最愛の妻を殺されたという動機付けにもなる。



410:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:52:47.39 .net:ID:M1pcZjz60
町娘がワインとチーズってんなら
それ以前に普通の居酒屋みたいな店で娘でも酒を飲む習慣がないと変だろ
どういう身分のどういう娘が酒場で金を払って酒を飲めるのかが謎

427:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:58:04.13 .net:ID:I6ORlA6R0
>>410
沢田研二の「あなたに今夜はワインをふりかけ」という歌が1970年台後半にヒットしたけど、
これはワインメーカーのCMで、女性も遠慮なく思い切ってワインを飲んで楽しみましょうという内容の歌詞
つい最近まで女性の飲酒や喫煙は半ばタブーだったような

459:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:12:13.85 .net:ID:e7UUaNhrO
>>427
自分も前の方のレスで言って居る様にそれは時代に拠って違うんじゃないですかい。
けっして不可逆なもんでも無い訳で。


480:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:16:28.70 .net:ID:M1pcZjz60
>>427
一般の女が飲酒喫煙をするってのはなかった訳じゃないけど
酒場に出入りするとなったら商売女ぐらいしか居なかったと思うわ
なにより基本的に日本は貧しかった訳だし女が自分で稼ぎを得る方法は少ない
自分の娘や嫁が酒場に出入りするような事を許して金を渡す親や夫がいるとも思えないしな

534:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:41:55.22 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>480
このスレではまともなレスをしてはいけない縛りでも有るのかと
思っていたけど、正常な人も見てるんだね





418:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:55:30.54 .net:ID:TQ0DwBKp0
大河ドラマ「江」を見てない人へ
・家康と酒を酌み交わしてた秀吉に突如、暴言を吐き暴行三昧をする江(推定5歳)
・天下人の証であるランジャタイを江(7歳)にプレゼントする信長
・本能寺で死ぬ直前、信長が江(9歳)の幻を見る「ワシは思うままに生きたぞ江!」
・家康と共に伊賀越えに挑む江、1日40kmを徒歩で強行軍(9歳)
・野武士に囲まれ大ピンチ!その瞬間信長の幻を見る江。謎パワーを発揮してピンチを切り抜ける
・その後何やかんやあって野武士に囚われる江。護衛の戦国最強三河武士団、野武士にびびって手も足も出ず
・囚われた江(9歳)、京都に護送されそこで光秀(56歳)と面会。
・光秀に説教する江。「何故叔父上(信長)を殺したのですか!」
・光秀、江に謀反に至った心境を吐露。「分かりました・・・では平和な世にしてください!」
・大山崎で大敗し土民に討たれる光秀。その瞬間、江の幻を見る
・清洲会議を隣の部屋で盗み聞き。ふすまを開けた秀吉に見つかり、三法師擁立の現場に立ち会う。

江よりはマシだろ(笑) まあ江とか みたいな学者が見たら憤死しかねないな・・・w

440:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:04:07.86 .net:ID:e7UUaNhrO
>>418
信長のスタンドを持つ少女…とは聞いていたが…(´・ω・`)



425:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:57:31.82 .net:ID:8Ph2CEiP0
三谷にまともな時代錯誤が書けるわけないだろ
それくらいわかれよ

449:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:07:57.98 .net:ID:e7UUaNhrO
>>425
お前が落ち着けw



429:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 15:58:41.89 .net:ID:5y7UXWTG0
姉が記憶を失って行方不明とかあり得ねえ、やり過ぎ
と思ったら史実らしい

445:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:06:37.50 .net:ID:v7WqiNiQ0
>>429
史実というか、そういう説も一部にあるみたいな感じやね
それが本当なら、姉は雑民どもに手籠めにされ、売り飛ばされ
女郎となって精根尽き果てた状態で奇跡的に救出
嘗ての面影はなく性病に犯され、見るも無残な姿である事実を隠匿してはいけない



431:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:01:04.69 .net:ID:VRs02m27O
三谷は女や恋愛を描くのが下手すぎるからそういうパートは大人しくしとけばいいのに
本筋は面白いんだからもったいない

460:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:12:22.20 .net:ID:P5MB/NNF0
>>431
今は芸能事務所がうるさいからエピ作って出さないといけないから そうもいかないんじゃない。
官兵衛も内田と黒木 八重は剛力 が・・・



435:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:02:56.98 .net:ID:cKj4aKX80
三谷作品ってだけでどんな批判も無意味。
見ることさえ無意味。

475:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:15:36.75 .net:ID:e7UUaNhrO
>>435
このスレに来る事は無意味じゃない?



439:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:04:06.28 .net:ID:JYLqH+3h0
小説家でもエンタメ系の吉川英治とか
立川文庫の影響を受けた柴田連三郎とか
人間に焦点を当て
あまり時代考証にこだわらない池波正太郎とか
そういう作家の作品はおもしろいんだけど
読む側に包容力がないと
司馬遼太郎と比較して「時代考証ガー」と叩くわな

453:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:10:21.91 .net:ID:8S1lhZt80
>>439
司馬遼太郎もエンタメでファンタジーだけど


501:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:25:56.09 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>439
時代小説と歴史小説は違うものにしておいてくれないと
話が通じなくなるよ。



458:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:11:48.48 .net:ID:JYLqH+3h0
史実にこだわれといれわても
「名将言行録」の真田幸村の項目なんて30ページぐらいしかない
九度山に幽閉されてたころの話なんて残ってもないんじゃないか?

493:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:21:46.45 .net:ID:HizdOaHx0
>>458
兄貴に出した手紙だと、

酒を送ってくれ
子どもがたくさん生まれて生活に困ってる、
オヤジも死んだし俺だけでも幕府は赦免してくれないかなあ。
最近病気がちでさあ、白髪も生えて歯も抜けたよ。

なんてわりと普通のおっさんじみた内容だなw



461:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:12:35.83 .net:ID:6KyDRrqN0
黒木華の分けわからない死に方と
合戦場面の安っぽさ

472:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:14:56.85 .net:ID:JYLqH+3h0
>>461
「重版出来!」の主演だから
どうしてもあそこで死ぬ必要があった

483:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:17:31.53 .net:ID:lVzRk2780
>>472
秀吉はいいのか。小日向は第1話だけのゲストなんかな


554:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:48:59.65 .net:ID:H+BuY1aD0
>>472
だとしてもあんなアホな演出で退場させなくてもいいのにと思ったな。
病死じゃだめだったのかね?




469:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:14:42.81 .net:ID:JtZj7uMO0
頼むから三谷使うなよ
パロディにするんだから
楽しみにしてた真田
潰しやがって

498:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:23:15.60 .net:ID:e7UUaNhrO
>>469
ひ坂の方が良かったか?



471:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:14:48.67 .net:ID:g9XBrJla0
史実通りにリアルにした方が面白いと思うけどなぁ、容赦ない現実の方が
放送できなくなるけど

481:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:16:51.78 .net:ID:74HJn283O
>>471
センゴクを大河にするのが一番楽だと思うけどなぁ

490:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:20:48.02 .net:ID:rML/kC630
>>481
大河だと尺の関係で最初のヒロインとの部分や義龍あたりはバッサリやらんとあかんなるな

512:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:32:05.20 .net:ID:74HJn283O
>>490
結構なセクロスシーンもあるしなww
でも殺し間とか光秀の戦略部分見たいんだよなぁ

520:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:36:40.12 .net:ID:g9XBrJla0
>>512
効果的に人がバタバタ死んでいくのと、死にたくない雑兵さんをたまにクローズアップして欲しい
ほんま顔が無いで彼らは

523:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:37:52.27 .net:ID:74HJn283O
>>520
いいな
後は決起する場面の雑兵の顔な



535:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:42:13.14 .net:ID:lVzRk2780
>>512
勝家とお市の首絞めセックスがあれば俺は許すよ






488:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:20:33.24 .net:ID:lLOOxqV00
NHKはいったんつぶした方がいい。全員解雇が妥当。
新しい公共放送は日本民族のみで規模を縮小し、電通や芸能界の
意向が反映されないようにすべき。ドラマやバラエテイもいらないし、
芸能人を視聴料で雇えないようにしてほしい。

553:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:47:39.37 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>488
それをすると自民党のお偉いさんの口利き就職斡旋が
出来なくなるんだよ



502:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:26:04.44 .net:ID:L+Q3Axrh0
>生きるか死ぬかの戦国時代の緊張感が、

合戦など数年に一度ペースでしかない 
が、毎日毎日笑いひとつない生活を送っていたに違いない 
戦国だからこそ普段はふざけていた、あるいは活力爆発の時代で戦国化はその一端だったという視線はまったくない


警察、暴力団、自衛隊、消防、大病院の医者看護師、日々命に関わる厳しい仕事、笑いひとつない生活を送っているに違いない。それが私のイメージだ。

それを付けてくるあのドラマは、生きるか死ぬかのそれら職業の緊張感が、視聴者に伝わってこない。重厚感、ドキドキ感がない。  
wwwww



>女性が2人、チーズか何かをつまみにワインを飲んでいました(笑)。

>南蛮貿易 隆盛にともない庶民のなかにも南蛮風の衣服を身につけるものが現れた。
>「葡萄酒」を作ったという文献もみられる ブドウ果汁を日本酒などとブレンドした、果実酒・リキュールの類のものではあるが


21世紀初頭、当時の国連の調査文献に当たると、日本の女性の地位は先進国で最低レベルとなっている

虐げられていた日本の庶民の女が、女だけで高級レストランに行ったとか海外旅行に行ったとかありえない 無理ありすぎ 時代考証を根本からやり直せ馬鹿!

511:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:32:01.32 .net:ID:I6ORlA6R0
>>502
今の日本が先進国の中でいちばん男女の格差があるのは確か
だからスナックや風俗に離婚したシングルマザーが溢れているし、離婚後の貧苦を恐れてDVでも浮気されてもなかなか離婚できない
繁華街には必ず保育所があったりな
その代わり、しっかり稼ぐ旦那を捕まえて永久就職した専業主婦はおっしゃる通り財布握って強いけどね


522:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:37:22.28 .net:ID:e7UUaNhrO
>>502
( ̄〜 ̄){ニヤリッ…)



521:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:36:49.80 .net:ID:+ph4zJuU0
批判を受け入れない信者キモい死ねや

533:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:41:49.01 .net:ID:e7UUaNhrO
>>521
批判に反論すれだ儲と云う反射行動はどうだろう?



528:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:40:22.16 .net:ID:X57qPgvk0
大阪編とやらで信繁がシエ化します

540:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:43:23.20 .net:ID:+ph4zJuU0
>>528
予告見た感じだと相談役みたいになりそうだよな
信繁ごときの意見で流される秀吉とか笑えるわ



530:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:40:44.35 .net:ID:bBXzfJvr0
時代考証云々いうつもりはないが月代にせず総髪のままの武将が
どんどん増えていってるのは気になるな
月代はカッコ悪いという女性視聴者からの視点に配慮したことが背景なんだろうが
これまで時代劇を頻繁に見てきた人(女性も含め)からすればそういう意識はまるでなく
むしろ違和感しかない

536:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:42:23.15 .net:ID:KF8+BXBj0
>>530
江戸初期から、月代しない武士(というか浪人)はどんどん増えていったんだよ

543:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:43:51.94 .net:ID:I6ORlA6R0
>>536
失業したサラリーマンがネクタイをしないようなものか


545:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:44:28.95 .net:ID:bBXzfJvr0
>>536
江戸初期の話はしてないし
江戸初期なら浪人ではなく牢人だし
なにがいいたいのかよくわからない

593:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:13:17.12 .net:ID:KF8+BXBj0
>>545
頭悪いなお前・・・浪人でも話通る上に
江戸初期が気に入らないのなら戦国末期でも別にいいんだぜ

607:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:18:01.21 .net:ID:bBXzfJvr0
>>593
ほう
自分の知識の無さを棚上げて頭悪い呼ばわりかね
まずお前さんは牢人と浪人の違いすら知らない
でなければ 武士(というか浪人) などというマヌケな書き込みはしないからね
士の資格を取り上げられているからこそ浪人であって
歩いているだけで罪になる浪人と元和偃武までの牢人とでは
その本人の心持も周囲の扱いも大きく違う
もう少し勉強しようね

617:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:26:50.39 .net:ID:KF8+BXBj0
>>607
当時軍縮でリストラされた武士も浪人でいいんだよバカw
こういう枝葉末節に異常に拘って会話もできないアホっているんだよなあ
御用学者じゃあるまいし、お前の言う江戸幕府規定の明確な区切りが
日本中に行き渡ってるわけないだろ現実にw
だからあちこちで浪人救済、再雇用の動きはあったわけだ
武士が気に入らないなら侍でもいいわ
つまり、豊臣について戦った幸村(という呼称にも文句いうかな?w)も武士ってこった

621:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:29:34.13 .net:ID:bBXzfJvr0
>>617
私は その本人の心持も周囲の扱いも大きく違う と言った
ここで少しでも考える頭があれば

牢人には仕官すべき宛や機会が少なからず残されていて
その期待が月代を剃り上げ万全の体制で望むことに繋がる
一方浪人は剣客や軍学者などで名を上げないかぎり仕官への道は閉ざされたままで
諦めにも似た感情が総髪という形となって現れる

こう納得できたはずなんだが君には無理だったみたいだね

625:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:34:04.76 .net:ID:KF8+BXBj0
>>621
だからお前は会話できないつってんだアホ。
今話するのに「浪人」で通るだろと言ってる訳。
それを通さないお前は、

「幸村」なんていない

と言ってるのと一緒なの。わかる?
俺は「幸村」で会話してるし、「浪人」で会話してるわけだ。

631:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:38:42.05 .net:ID:bBXzfJvr0
>>625
無知は無知として受け入れたほうがいいよ
君は話のスタートが月代の問題だったことすら忘れてしまっている









537:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:42:23.33 .net:ID:I6ORlA6R0
>>530
田村正和は時代劇もよくやったけど月代は避けていたとか



532:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:41:11.26 .net:ID:axAoRnL00
大河ドラマの「巧妙が辻」

領民を虐殺した件を人のせいにしたwwwwwwwwwwwwwwwww

561:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:54:08.62 .net:ID:DWa6hCaS0
>>532
架空人物に全部おっかぶせてたな



538:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:42:43.72 .net:ID:Askehfy20
ここ10年放送された中に大河ドラマと呼べるものないからね。
異論ある人はどうぞ。

546:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:44:37.08 .net:ID:yumwaZmz0
>>538
大河ドラマの定義って何?


548:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:45:08.93 .net:ID:JYLqH+3h0
>>538
軍師官兵衛(2014)もダメなんだ……
厳しいね
独眼竜政宗(1987)ならいいわけ?

550:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:47:03.30 .net:ID:gIxAjK2r0
>>548
官兵衛はホームドラマパートがかなり批判されてたからなあ



570:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:58:24.86 .net:ID:1DsR1J7Y0
>>538
戦国大河は葵徳川三代で最高潮を迎えそこで終わった


615:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:23:21.09 .net:ID:Jx0m1c7K0
>>538
風林火山と八重前半は名作と思ってるわ



551:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:47:20.00 .net:ID:iyvVUYqX0
何を今更、ここんとこの大河はずっと酷いだろ

566:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:56:19.61 .net:ID:P5MB/NNF0
>>551
八重は会津戦争だけはマトモな大河だった。
主人公が銃で殺しまくってた。    他のパートは知らん。



555:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:49:14.43 .net:ID:axAoRnL00
滝沢の源義経が一番ダメだったわ
滝沢が悪いんじゃなくて、つくってるやつがバカだった、

弁慶の最後が人形丸出しw

最期の義経が死んだときのドッカーンですべて台無しw

571:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:58:32.67 .net:ID:0N81QyJo0
>>555
大橋の上の決闘場面(まあこれももともと創作だがw)も酷かった。
アクションシーンとしての水準が低すぎたからな。
松平健が長刀ふりまわすたびに、
履いてる下駄のせいで足元がおぼつかなくってよたよたって。
そんなわざまえでよく平家の刀狩りできたなとwwwwwww


さすがかんべえ!とかな。
主人公天才設定は漫画だけで充分って感じ。



556:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:49:39.01 .net:ID:S9XiJfjL0
官兵衛は秀吉の晩年や朝鮮出兵を描いた貴重な作品だから割と好きなんだけど、これも女共のシーンがクソウザかったんだよなあ

557:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:50:36.15 .net:ID:I6ORlA6R0
>>556
井戸端会議メンタリティの女にも受けないといかんから仕方ないかも



564:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 16:55:15.45 .net:ID:r5OnK77g0
史実に忠実にしろ

って意見って結構あるけど
そう言う人って軍馬がサラブレッドであることに違和感は感じないのかね?

軍馬にサラブレッドが充てがわれてたわけねーだろ

ってツッコミを史実忠実派から聞いたことないけどね
史実忠実派であっても「馬ならなんだっていいんだよ! 」なのかね? 所詮
じゃあシマウマでも文句は出ないのだろうか?

現代ドラマで街中を走る大衆車がフォーミュラカーだけだったら絶対にツッコミだらけになるのに

584:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:08:06.40 .net:ID:Nz/oCUIT0
>>564
擁護したいのかな?
だとしてもサラブレッドがおかしいの一点張りだけじゃあね・・・

忠実に、ってのは「やれる範囲で史実に忠実に」て意味でもあるし「時代劇に対するイメージに忠実に」
って意味でもあるでしょうよ

前者でいくと、家臣の娘が当主にタメ口、それも現代語口調って時点で萎え萎え、
後者でいけば、これまで親しんできた時代劇では馬はサラブレッドか知らんが、まあ
今も良く見るタイプの馬が使われてきたから、事実とは違うと知りつつ受け入れる下準備が
出来てるから違和感はないんだよ 逆に、昔の古馬を合戦シーン撮影できるだけ
かき集められるなら、挑戦しようとした作品も出てたかもしれないけどね

結局、客層が期待する範囲で頑張れってことなんだと思うよ
水戸黄門で「光圀は諸国漫遊で世直しなんかしてない!印籠で無条件に土下座するか!」
って怒る人はそもそも見ないでしょ
大河は大河で、史実か史実を模した講談に近いものを期待してるところに
新しい風とやらを無理やり入れてくるから反発されてるだけで、舞台劇でやってれば
誰一人文句言わないよ 三谷の舞台劇って時点で客層はそれを期待してくるんだから

595:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:13:53.99 .net:ID:yumwaZmz0
>>584
見てない奴は黙ってろ


俺も見てないけどw



585:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:08:49.01 .net:ID:gYxGTedw0
>>564
時代劇の軍馬がサラブレッドってのは
21世紀の戦場を部隊にしたドラマで装甲歩兵車や戦闘歩兵車がフォーミュラカーで出てくるぐらいへんてこりんなんだけど…

時代劇の軍馬にサラブレッドだすなよ(怒)

って話しは、ホント聞かないw


592:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:13:09.22 .net:ID:/PeZ0oOH0
>>564
>軍馬がサラブレッドであることに違和感
そんなこと昔から腐るほど言われてたよ。 聞き飽きたし、
言い疲れても、撮影に使える馬は事実上無いのだから言っても
仕方ない。キソウマがどれ程飼育されていると思ってるんだ

654:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:52:05.97 .net:ID:idOQhczj0
>>592
なら、馬を2〜3頭しか出さない脚本の伝統を作ってくるべきだった、時代劇は

半世紀前であろうが、おばかさんばかりだから
時代劇に馬を大量に出す脚本ばかりこしらえて
大衆にサラブレッドが時代劇に出てきても違和感を与えない悪い教育をしてきた

つまり、昔から大河を含む時代劇なんていい加減だった
なのに、今になって「こんなの大河じゃない」とか抜かしてるのは単なる ってだけ

657:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:53:47.88 .net:ID:0N81QyJo0
>>654
黒澤明の悪口はやめろw




620:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:29:13.96 .net:ID:JtI+4zKQ0
>>564
怒ってるのは老人懐古厨なんでしょう
史実と違うってのは自分の主張をカッコつけてるだけで
実際は自分の中にある大河はこうあるべきってのに合ってないからイラついてるって感じ



574:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:00:46.79 .net:ID:mienzvDc0
>「信繁と結婚する梅(黒木華)にきりが言ったセリフですが、“打たれ弱い”はボクシングから派生した言葉。
いくらなんでも戦国時代にはそぐわないので驚きました」


さすがに言葉は現在のものを使わないと理解されないだろ
腹筋に候みたいなやつばかりじゃないぞ

582:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:06:41.77 .net:ID:rML/kC630
>>574
杉良太郎が当山の金さんやってたときに失恋した町娘を慰めるシーンで
「元気出せよ ファイト!ファイト!」ってやったときは違和感ありまくりだった・・

あと深夜に大昔の勝新の座頭市の再放送やってたときに「わしゃぁメ○ラじゃから」
みたいなセリフの時にそのメ○ラのとこがピー音入って字幕で「視力障害者」って出てずっこけた



581:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:04:07.17 .net:ID:frSiaP4K0
これってドキュメントじゃないのにな笑
女信長とかでも信長が女ってあり得ないとか
信長協奏曲でもタイムリープはあり得ないとか言いそう
今の人に戦国時代の風習や価値観を
理解してもらって楽しんでもらうのにどんだけ説明いると思ってんだ?
広い年齢層に楽しんでもらうなら現代アレンジはありだろ
時代時代とか言ってる奴は年とって頭が硬くなって柔軟性がなくなったって話だろ

586:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:09:24.76 .net:ID:MPaL/As90
>>581
戦国時代の人間だから「何でそんな事するの?」っていう現代人にはとても理解しがたい行動やエピソードがいっぱいあるからね
どうやって現代人に理解できるような事象にするかがドラマの腕の見せ所だと思う



583:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:06:51.33 .net:ID:aQ955IYE0
安定した時代になると、
農業が拡大し、安定的な食料供給が増える一方で、
労働力が必要になるために、子だくさんになり、ひとりあたりの栄養状態が悪くなり
平均身長が縮む、というのは
別に日本人より肉食のヨーロッパでも確認されること

だから肉食だから戦国時代の方が身長が高かった、というのは間違いだろうが、
戦国時代の方が、江戸より身長が高かった、というのは間違ってない

616:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:26:27.64 .net:ID:gYxGTedw0
>>583
博学ですな

人口増加に食料生産が追いつかないから
1人あたりに回る栄養が薄くなり体格が幾分小さくなる

肉食だった、とかトンデモ説より1億倍説得力がある



587:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:09:28.94 .net:ID:40hMZlC+0
違和感すごすごるわな。
先週bsで途中から見たけど
景勝と愛の人と三成が三人で飯食ってて
その下座でキリにおさんどんさせて真田が飯食ってる。
食事の最中に景勝が突然プラっと席を外して
愛の人が「殿はああいうお方ですから」
?ばっかりの展開
馬鹿馬鹿しくてチャンネル変えたわ
これ真面目にみてる奴いるんか?

601:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:16:45.95 .net:ID:O3ZF9WSe0
>>587 どっかできりはc3poとして見れば腹立たないと書いてあって笑った。


613:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:20:27.01 .net:ID:v7WqiNiQ0
>>587
この人が今まで見た好きなドラマや映画って気になるな


634:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:41:58.75 .net:ID:0N81QyJo0
>>587
食事シーンは同じ席をかこった人間(役)同士で、
互いにどういう印象を抱いてるかというのを表現するためによく使われる。
影勝の中座、
信繁は端っこで仲間はずれ、
三成は杓子定規で人をいらつかせるなにかを持ってる、
そして直江はしらぬうちに影勝と三成の間を自然と取り持っている。
そしていとけない長澤きりが視聴者むけの解説役。
わかるよな?



594:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:13:53.52 .net:ID:I6ORlA6R0
昔のたけしのギャグに、水戸黄門は突然九州に飛んだりして、あんな年寄りがそんなに早く歩けたのか?とかいうのがあった

605:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:17:46.32 .net:ID:frSiaP4K0
>>594
それより何回も日本回ってんのに
相変わらず副将軍様の顔を覚えない地方大名って…て思う


609:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:19:01.34 .net:ID:b1VHW4/e0
>>594
里見黄門さまだとあれほど毎日歩いてるのにメタボ治んないのが不可解



598:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:14:54.20 .net:ID:PQ2qhd+U0
渡邊大門が寄稿している歴史REALは
大河ファンの間では老舗なサイトなんだがな
大河のレビューも何年も前から続けている伝統的コラム

今回初めて知ったように叩いている連中は大河初心者か?

「歴史REAL」
http://www.rekishireal.com/

600:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:16:10.53 .net:ID:yumwaZmz0
>>598
ここでも宣伝始めるのかよ
このコバンザメw

606:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:17:49.08 .net:ID:PQ2qhd+U0
>>600
まずは読んでから批判しろって話だよw




599:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:15:34.07 .net:ID:KIRgd2nO0
戦争という大勢の人間が血だらけになって死んでいく史実をテーマにした作品で
ふざけまくるのはポリティカルコレクトネスという点で
どうかと思います

602:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:17:13.65 .net:ID:KF8+BXBj0
>>599
中国の三国志とかは人口10分の1にまでなったマジで虐殺三昧の糞時代なんだが、
日本の戦国時代は好景気で人口増えてる

630:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:37:03.81 .net:ID:rML/kC630
>>602
単に離散して戸籍やらグダグダになっただけで実際に10分の1とかちゃうぞ
白起の40万皆殺しじゃあるまいし、三国時代でそうそうガッツリ死にまくったりしないよ




618:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:27:18.05 .net:ID:JZLTH1360
まさゆきの顔って
もちみたいな顔してるのに
ハーフみたいな顔 あの時代にいないだろう

622:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:31:08.66 .net:ID:b1VHW4/e0
>>618
日本の南と北にはナチュラルに濃い顔がいくらでもいるよ
もちろん、GIにやり捨てられた母ちゃんから生まれた息子はいなかったけど


626:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:34:31.84 .net:ID:v7WqiNiQ0
>>618
真田昌幸の草刈正雄は本物のハーフですやん
この人、時代劇にかなり出てるけど、全然気にならない
宮沢りえもあんまり気にならないし
ハーフでも気になるのと、気にならないハーフいるね

もしもオコエが真田信繁役で出てたたら、これはあかんと思う



623:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:32:11.85 .net:ID:PyoI/r7b0
今思うと風林火山は面白かったな

627:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:35:48.30 .net:ID:4/iQpY5f0
>>623
諏訪の姫様がどうしてもダメだったなあ

639:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:44:35.91 .net:ID:v7WqiNiQ0
>>627
前半は何かリアルな戦国時代感があったけど
諏訪の姫が出るようになって、何でこんな姫に
官兵衛は泣いたり、叫んだりするんだ?
それが気になって、リアル感が一気に萎んでしまった




636:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:42:36.54 .net:ID:b1VHW4/e0
ヨーロッパの貧乏さったら筆舌に尽くしがたいよ
特にじゃがいもが伝わる前

648:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:50:14.36 .net:ID:0N81QyJo0
>>636
欧州って人口も少ないしな。

670:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:59:41.33 .net:ID:S067mdi00
>>648
小氷河期(日本だと天保の飢饉あたり)の影響をまともに受けて500万とも1000万人とも言われる凍死者が出たし
ペスト大流行で500万とも1000万人とも言われる病死者が出たし

で、人口が激減したからなヨーロッパでは




659:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:56:02.45 .net:ID:XnaEz1VK0
そんな事言ったら、女は皆黒木みたいな顔ばかりになるwww

664:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:57:41.47 .net:ID:eRGIT5iV0
>>659
きりが信繁に相手にされないのはある意味リアルだね



660:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:56:27.74 .net:ID:xbhpUWHk0
真田丸攻防戦だけスピルバーグが
プライベート・ライアンの冒頭みたいなノリで撮れば
文句でないだろ

666:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:58:16.70 .net:ID:g9XBrJla0
>>660
壮大な出オチだな



665:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 17:58:00.72 .net:ID:hhwm25hQ0
史実じゃ無くて問題無いと言うなら
「この戦は配下の者のコンセンサスが得られてません」
みたいな台詞でもオッケーって事?

厳密に史実通りであるかどうかよりも
納得出来ない人達の不満点は単に空気感なんでしょ?
ただこれは曖昧さを伴うし時代と共に変わってしまう物でもあるよね

673:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 18:00:58.43 .net:ID:eRGIT5iV0
>>665
全編そんな感じのちかえもんは賞獲ってたな

674:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 18:01:31.70 .net:ID:eN0aEC+P0
>>673
最終回良かったよ



675:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 18:01:35.17 .net:ID:9HfDX7Os0
>>665
コンセンサスって単語を使うことでより面白くなったりテーマがはっきりするなら使えばいいんじゃないの
ならねーけど
お前ずれてんだよな論点



676:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 18:01:39.72 .net:ID:wnqXi1dA0
チャングムの服とか色とか文句つけないのに・・・・・・・

678:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/2016/04/17(日) 18:03:39.36 .net:ID:9QP/lt0I0
>>676
チョンドラマなんざ
見たことねーよ



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。