スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界陸上で箱根駅伝OB選手が不振 青学大・原監督ら長距離界へ提言

北京世界陸上(8月22〜30日)で、箱根駅伝OBの選手が不振に終わった。 一部では「箱根駅伝は人気があるだけでトラック、マラソンの強化につながっていない」という“弊害論”までささやかれているが、本当にそうなのだろうか。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442378365


スポンサーサイト

桐生、10秒19で復帰戦優勝!男子100メートル

陸上の日本学生対校選手権第2日が12日、 大阪市のヤンマースタジアム長居などで行われ、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が、10秒19(速報タイム)の好記録で優勝した。  桐生は5月下旬に右太もも裏を故障し、今大会が復帰戦だった。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442035779


【陸上】世界最速はボルト!9秒79で男子100m制す ガトリンまたも銀 世界陸上

スポニチアネックス 8月23日(日)22時20分配信 世界最速の男はボルト、男子100制した ガトリンまたも銀 男子100メートル決勝に進んだボルト(AP)  陸上世界選手権は23日、中国・北京で第2日が行われ、注目の男子100メートル決勝は 世界記録保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)とアテネ五輪金メダリストの ジャスティン・ガトリン(33=米国)らが進出、ボルトが勝ち“世界一速い男”の座についた。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440336231


サニブラウン、同い年の清宮に興味なし?「何が凄いのか分からない」

陸上の世界選手権(22日開幕・中国、北京)に出場する男子短距離代表が11日、山梨県富士吉田市で直前合宿を公開した。 日本史上最年少で出場するガーナ人の父をもつサニブラウン・アブデル・ハキーム(16)=城西大城西高=は、初のシニア合宿にも リラックスした様子で他の選手とも打ち解け、リレーのバトン練習などを行った。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1439271241


「日本は暑すぎ」 サニブラウン・ハキーム(東京・城西高)が練習を公開

読売新聞 7月25日(土)23時12分配信  陸上の世界ユース選手権で男子100メートルと200メートルの2冠を達成した サニブラウン・ハキーム(東京・城西高)が25日、帰国後初となる練習を都内で公開した。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1437874517




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。